お客様とwin-winの関係を築くために
全力を尽くすことが大きな使命。

広島営業所 松本 貴公
2006年入社 経済科学部卒

業界スケールの大きさに加え、
設備機器も扱っていることに魅力を感じた。

学生時代に、ホールで3年半ほどアルバイトをしており、その経験を活かして好きなことを仕事にしたいと思っていました。
本格的にパチンコ業界を研究していくと、業界のスケールの大きさに驚き、さらに魅力を感じました。なかでも大都販売は遊技機の販売だけでなく設備機器も扱っていることから、その事業領域の広さに可能性を感じ、入社を決意しました。今でも、この選択は間違っていなかったと感じています。

ホールの課題・問題点の
解決が、成功に導く力に。

営業として広島県の大手グループ企業をはじめ約10社を担当し、入社9年目として後輩への指導やアドバイスを行いながら、自分自身も営業活動をしています。仕事で大切にしているのは、お客様とwin-winの関係を築くこと。
たとえば、ホールを訪問した際、課題や問題点を見つけるため、細かい部分にまで目を配ります。以前、ユーザーが使いにくそうにしていた機器が目に留まり、利便性を向上させた提案を行い、喜ばれたことがあります。些細なことですが、こうしたことが私たちの役割であり、顧客満足につながっていると思います。新しい情報の提供や付加価値のある提案の積み重ねがホールを成功に導く力になると信じて、業務にあたっています。

営業所の最高責任者である
所長をめざして進みたい。

現在は営業担当としての活動に加えて営業所の販売計画の立案、若手社員の育成マネジメントなど、所長をサポートする役割も担っています。営業所全体の動きを把握し、より良い方向へ率いていくことは責任重大ですが、それだけにやりがいも感じます。将来は広島営業所の最高責任者である所長をめざしたい。同時に、大都販売に松本あり、と業界に自分の存在をアピールするような実績を作りたいという思いもあります。
大都販売は今後さらにビジネスフィールドを拡げようとしており、まだまだ成長する企業です。新たに加わってくれる仲間と一緒に、会社の成長に貢献できることを楽しみにしています。